引越し 手続き 役所

引越しでやる役所関係の手続き

引越しが決まったら、公的機関でしておくべき手続きがたくさんあるので慌ただしいことでしょう。役所で行える手続きは、住民登録や国民健康保険・国民年金・乳幼児医療、そして老人医療などになります。

 

これらのことは、新たな住所で似たような制度を利用するために必要な手続きですので着実に完了させましょう。こうした制度を利用するため所有していた健康保険証などの書類をセットにして、転出届の提出を行うと転出証明書が交付されます。

 

引越しが済んでから14日以内に転出証明書を持参して新居がある地域の役所に行って、転入手続きをします。児童手当の手続きも忘れずに済ませましょう。児童手当受給事項消滅届けを提出するにあたっては、役所に印鑑を持って行き手続きを完了させます。

 

所得証明書がこのタイミングで交付されますが、これは転入した役所において児童手当の手続きをするときに要りますので無くさないようにしましょう。老齢福祉年金についても児童手当とほぼ一緒になります。

 

印鑑登録というのは、転出届を済ませると共に消去される形になるため、転出手続きは必要ありませんが、転出証明書は必須なので受け取っておきましょう。原付をもっている人は、新しい住所の方で入用な廃車証明書をもらいましょう。

 

子どもが学校に通っている場合は、引越しをするのがはっきりしたら転校届けの提出を行います。転校確認書を学校から渡された後は、通学学区を管轄している役所を訪れ手転出学通知書を手に入れましょう。

 

その書類を通っている学校に出し、教科書受給証明書と在学証明書を与えてもらいます。いずれの書類も転入する際になくてはならないものなので、きちんと管理しておきましょう。

 

こういうふうに、転出・転入で同一の書類が必須になるので、引越しで忙しくしてもきっちりと管理できるように細心の注意を払って下さい。自動二輪・車・運転免許証が気になる人もいるでしょうが、転出手続きをしなくても大丈夫です。

 

おすすめのホームページ

引越しの段ボール
引越しのために自分でダンボールを購入するのと損します。実は無料でダンボールをもらえる方法があります。
還元型コエンザイムQ10
40代過ぎたらコエンザイムは還元型でないと吸収がよくありません。小林製薬の製品ならピグノジェノールも含まれていて抗酸化パワーアップ。