引越し 手続き 運転免許証

運転免許証の引越し手続き

引越しに際する手続きには転出時・転入時それぞれに要るものと、引越しした後に手続きするのみで済むものが存在しています。運転免許証については、引越しをする前に手続きをすることは要求されないのです。

 

引越し先の管轄になる警察署もしくは免許センターに赴いて住所変更の手続きを申請をします。その手続きには、運転免許証と転入先の住所が明記された公的書類や申請書が求められます。

 

公的書類は健康保険証や住民票のことですが、新住所が書き込まれていないと証明書として使用できませんので、むしろこっちの方を先に事務手続きをしておきましょう。申請書に関しては手続きに足を運ぶ警察署や運転免許センターに存在しますから、その場で記す形になります。

 

引越ししたのが他府県だったら、申請用の写真を準備しましょう。自動車の方も引越した先で登録手続きを行わなければなりません。自動車の登録変更手続きの場合には、引越してから15日以内と期限があるので、留意してください。

 

自動車に関しても、引越しした先の住所の管轄である陸運局もしくは自動車検査登録事務所で受け付けてくれます。他の管轄の地域に引越しをしたケースでは、県内の引越しであっても手続きが必要となるので、注意が必要です。

 

この手続きは、車の持ち主以外に委任状を託された人によっても手続きを済ませることができます。車検証を初め、車庫証明・印鑑・自動車税申告書・自動車所得税申告書、そして転入先の住民票を用意しましょう。

 

この場合も、転入先の住民票がないといけません。住民票は、引越しした後で住所を証明するものとして手続きの際によく用いられます。引越しが終了したら、最初に転入手続きをするようにしましょう。

 

リコメンド ウェブサイト

薬剤師の求人.com
高給料・好条件な薬剤師求人の見つけ方。転職エージェントの比較も。