引越し 手続き ペット

ペットの登録変更

引越しの準備が始まると、片付けなくてはいけない手続きが色々とあって慌ててしまいます。大体の人は引越しまでの計画を立てるなどして、やり残した手続きがないよう注意しています。

 

そうしていても、引越した後になって手抜かりがあったことが判明する場合が少なくないようです。代表的な見落としてしまうことは、ペットの登録変更をする手続きです。

 

ペットと一緒に引越し先で生活するのであれば、引越し先の住所の役所や保健所などの動物の管理を行っている部署で登録しなくてはいけません。ペットを飼うにあたって届けている事柄を変える手続きは、新住所で行えば良いことになっています。

 

引越しを行う前の役所などで支給された鑑札と、狂犬予防注射証の2つを新しい住所のある役所などに持参します。登録するには印鑑も必須ですから、しっかりと用意しておきましょう。登録が終了すると、新しい鑑札が発行されます。

 

引越しをする場合のペットの登録手続きは、引越しした後30日を数える間に終わらせるようにルールが決まっています。ペットの引越し手続きが欠かせないのは主に犬となりますが、他に登録が義務づけられているペットもいます。

 

猫・鳥については届けは不要なので、なにも手続きしなくてもOKです。動物愛護管理法という法律で定められている特定動物とは、人の財産であったり、身体や命に危害を与える恐れがあると判断された動物です。

 

分かりやすい例では、サルや蛇やワニガメといった動物を挙げることができます。引越しが済んでから厄介なことにならないよう、引越しする以前から用意しておきます。転入する地域の動物愛護センターなどを調査しておくのが望ましいでしょう。

 

お役立ちホームページ

小林製薬のアロエ育毛液
アロエの力をあなどるな!頭皮に浸透して髪の生えやすい環境に整えます。