引越し 手続き パスポート

パスポートの手続きは不要

引越し時には、たくさんの手続きが必須になります。光熱費を支払う会社や公共機関への届け出だけでなく各種契約の変更届や銀行など金融関係の変更、郵便の届け先など、頭が混乱してしまいそうです。

 

ですが、身分証明としても使えるパスポートは、引越しをしても手続きが存在しないのです。パスポートに住所を記載する意味は、紛失したケースで持ち主に返ってくる為のものだと言うことです。

 

身分証明として信用度の高いパスポートは、悪用されるケースが多いために多くの人が住所欄を空欄にしているのだそうです。空白になっている状態でも、パスポートとして使えないことはありませんし、処罰に値することはありません。
パスポートに書き込まれている要素の変更手続きが必須となるのは、本籍地に変更があったときと姓が変わったときだけです。引越しで住む場所を変えたら、自分で所持人記入欄を訂正することになります。

 

特に書き直す方法は定められていないので、線を引いても市販の修正液で消してもOKです。このような形で、パスポートに設けられている所持人記入欄は所有者自身が記す部分なので、本人証明にはなりますが、住所を証明する書類ではないということです。

 

引越しを行うだけなら手続きはしなくても構いませんが、例えば結婚をして引越し時に姓が変わる人は、姓の変更をする手続きをしなくてはいけません。さらに、引越しした場所を本籍地にする場合も手続きを忘れないようにしましょう。
パスポートの変更手続きは、引越し先の地域を担当する都道府県旅券課が承っています。本人のみならず、代理人に任せての手続きが許されていますから、忘れずに行いましょう。