引越し 手続き 電気

電力会社に引越しの連絡をする

引越しの手続きで重要なのが光熱費に関する手続きです。電力会社に対しては、現住所での電気の使用を中止するという手続きと新たな住居での電気の使用をスタートする手続きをしなくてはいけません。

 

転入先が同じ電力会社の管轄内であれば、どちらの手続きも手間がかからないのですが、管轄が違うところに引越す際には個々の電力会社のシステムに合わせます。電気の使用停止に関しては、手続きをインターネットで受け付けてもらえます。

 

しかしながら、引越しが早急な場合、サービスセンターに直にコンタクトを取らなければならないので、早めに行動しましょう。電気を止めてもらう手続きでは、ときには引越しのその日に立ち会わなくてはならないこともあります。このときには、手続きの申し込みをした時点で電力会社から言われますので、しっかり打ち合わせをしておきましょう。

 

引越しの日に日割りで電気代の計算するので、必要な金額を用意しましょう。引越しが多い時期では、引越し作業がスムーズに進まない場合がありえます。当日に精算するものもあるので、お手伝いをしてくれる誰かがいると負担が減ります。

 

電気の他にも、新しい住居の方で立会いのもと済ませる手続きが存在する場合があるのです。立会いができないときには、アンペアブレーカーを切ることによって引越しを進めます。明確に引越し先が決まっている人は、インターネット上で使用開始の手続きを受け付けてもらえます。

 

この際についても、急に手続きを行おうとするのは無理な相談ですので、大体2ヶ月から引越しの3日前までのあいだにお願いしておきます。また、手続きにはお客様番号が求められますから、毎月の請求書などを取っておくと良いでしょう。

 

小林製薬 セサミン
たくさんの人が飲んでいるセサミンですが品質とコストパフォーマンスで選ぶなら小林製薬のセサミンGOLDがおすすめです。