引越し 手続き

引越しまでにやること

越しの日にちが決定したら、引越しを迎えるまでの期間は大変やることがあります。引越しは、住むところに身の回りの物を移すだけでなく、権利の移動も忘れずに行わなければいけません。

 

その為には幾つもの手続きを済ます必要があり、届け出を行うのが遅くなると引越し先で煩わしい思いをすることになるので、うっかり忘れないように注意しましょう。引越しが必要になったら、引越し日を明らかにしなくてはいけません。
それによって手続きを始めることが可能となるのです。引越し日が明らかにならないと、手続きしようと思っても新しい住所に替えることができないのです。

 

引越しの手続きには時間が掛かるので、可能な限り幅を持たせて引越しの日時を決定しましょう。賃貸のケースでは、手始めに引越し業者と不動産業者に対する連絡を済ませます。賃貸であれば家賃に関する取り決めもあるので、引越しの日が分かったら即刻連絡を入れましょう。

 

いつ連絡するかによって、家賃の精算金額も変わってきますので、契約書を確かめて所定の期日までに手続きしましょう。手続きに関しては公共機関に出すものと違うものがあり、転出と転入のどちらにも必要な手続きと転入に際してのみ手続きが要るものがあります。

 

引越しにかかる手続きが電話だけですむ場合と、窓口で行うもの、当日立会いが求められるものが挙げられます。郵便物の配達については、郵便局に対して住所変更届を行うと1年間新住所に転送してくれます。
郵便物は、かなりの期間旧住所に届けられるので、この手続きが抜けないように注意しましょう。

 

1年以上たっても、旧住所に郵便物が届けられるような状況であれば、このサービスをまた1年利用することも可能です。

 

手続きは早めに

引越しに伴う手続きは、新住所の決定後に始められます。まず、賃貸物件に住んでいる場合は賃貸契約を解約したい旨を伝える必要があります。

 

引越しが決まった時点で何よりも先にしなくてはならない、早めに終わらせた方がいい手続きです。その次に引越し業者を決めることになりますが、引越しの繁忙期ですとなかなか希望日に来てもらえないことがあるので、早い段階で連絡を済ませましょう。

 

混み合う時期でもなく、引越し日まで日にちがある人は、無料見積もりなどを利用して引越しを頼む会社を選び手続きしておきましょう。電話の見積もり依頼は、業者側が実際に見て判断できないため見積もりの請求額が高くなる傾向があります。

 

当日になってから、必要以上に大きいトラックと余計な人数が派遣されることが考えられます。こういった問題に見舞われないためにも、実際に業者に見てもらうのが確実です。荷造りは早めに行うのが良いでしょう。

 

使用頻度が低いものからダンボールに詰め込んでいくうちに、段ボールのおよその数量も見当がつきますす、捨てたり売ったりするものの有無が知れます。ただ、不用品の処分は自由にできず、自治体に問い合わせて手続きを行うことが要求されます。

 

引越し日の直前にあわてて申し込んでも、次の回収日まで置いておけない所もありますので、前もって不用品をまとめておきましょう。引越しでは多くの手続きをどんどん消化しなければならないので、転居を通知するハガキを作成し忘れることもあります。

 

さらには、契約後に思い出す機会が少ないので忘れてしまいそうなのは、医療保険や生命保険といった保険関係の変更手続きです。引越しによる住所変更手続きを済ませないと、問題なく保険金の支払いを続けられなくなることがありますから、用心しておきましょう。

 

引越し 比較

引越しについていろいろ知りたいなら引越し比較webというホームページがおすすめです。引越業者の比較やお得に引越しする方法などがまとめられています。引越し料金が30,000円以上お得になる裏技も。

 

関連ニュース

Nintendo Switchが本体アップデートで動画撮影機能に対応!
…ザ ワイルド』のキャラクターを追加。ほかの本体にユーザーとセーブデータの引越ができるようになった。・“あらかじめダウンロード”に対応 発売日よりも前に…